エコハマだより

2022.04.11更新

(株)ファンケルが、4月1日(金)から社員食堂の「食品ロスゼロ化」を目指し、排出された生ごみの堆肥化やバイオガス発電に活用する取り組みをスタートされます。

当社は、横浜市内にある総合研究所と飯島ビルの社員食堂から排出される生ごみを、収集運搬する形で、「食品ロスゼロ化」を目指すこの取り組みをお手伝いいたします。

 

今後も様々な形でお客様のSDGsの取り組みをご支援いたします。