採用情報

社員インタビュー

profile

2010年4月入社 営業部所属
野崎桂(のざき・けい)

現在の業務内容について、簡単に説明してください。

既存のお客さまに対して、廃棄物回収のスケジュール調整や、さまざまな提案などを行っています。また、新しくオープンした店舗さまから問い合わせをいただくこともありますね。そのような場合、私たち営業が先方へ訪問し、どのようなことを希望されているのかを伺います。

この会社をどのようにして知ったのでしょう?

もともと環境問題に関心があり、業種別の説明会に参加したのがきっかけです。仕事の内容というより、自分が頑張ることのできる環境を求めていましたので、廃棄物に対する先入観のようなものは持っていませんでした。また、ガイダンスの際にいろいろな施設を見学したのですが、どこへ行っても「明るくて親しみやすい」方ばかり。そうした明るい雰囲気が、入社を決めた動機ですね。

入社して、何か変わったことはありますか?

度胸がつきました。やりたい人はやりたいだけ挑戦させてくれますので、物おじしなくなったかな。今では、店舗の工事を見かけると、つい「何ができるのですか、責任者の方はいらっしゃいますか」などと聞いてしまうんです。また、会社に対しても、自分が望む状況をどんどん要求するようにしています。気分良く働くことが利益につながれば、お互いのメリットにつながりますよね。

武松商事とはどのような企業なのでしょう?

アットホームな雰囲気のなか、時間をかけて人を育ててくれる会社です。いい意味で中小企業の規模感があり、スタッフの距離が近く、それが当社のパワーを生み出しているのではないでしょうか。入社した当時には存在していなかったスキームが次々に動き出している姿を見ると、本当にそう思います。また、廃棄物処理には普段では知り得ないことがあり知識が広がる楽しみもありますね。

最後に、読者へ向けたメッセージをお願いします。

将来の夢は子どもがいてもしっかり働くこと。この会社なら、その夢が実現できると信じています。そのためには、会社にとって必要な人材になる必要があるでしょう。自分自身を高めたいという方には、働きやすい社風だと思います。皆さんも、ぜひ、飛び込んできてください。